カテゴリー
門出の好日

結局こうなる・・・|富士フイルムのカメラシステム

富士のXシステムは軽量コンパクトなことこそ最高の魅力

と信じておりましたので、Xシステムはコンパクトプライムのレンズラインナップで行く気満々だったのですが、、、

結局あれこれあれこれ・・・

増えてしまいまして、、、

はい。こんなにでっかいレンズばっかりになりました

といってもNikonのD6に24−70mmと、14−24mmをつけていた頃に比べれば、羽根のように軽いシステム。

X-H2sの方が動いている被写体に対してのAFがいい(AF-Cモード)という話を信じて、H2sをつかていますが、走り回るお子さんくらいの動きだとT5とそんなに違いは感じないから、背面の液晶モニター、操作方法の混乱を避けるという目的で最終的には全部T5になりそう。

カメラとレンズ探しの旅もそろそろひと段落させたい今日この頃です。